正体を現した政権寄生虫政党「公明党」

公明党が鳩山政権ににじり寄り 首相も秋波 露骨な自民離れ(産経Web
 公明党の山口那津男代表は24日、鳩山由紀夫首相と首相官邸で会談し、介護施設待機者解消や、低年金・低所得者の利用者負担の見直しなど12項目の政策提言「新・介護公明ビジョン」を提出した。公明党は“野党暮らし”に焦りを募らせているようで、自民党をジワジワと遠ざけ、政府・与党ににじり寄る姿勢が鮮明になってきた。
 「われわれが調査結果をもとに政策提言にまとめました。お渡しします」
 山口氏がやや緊張気味に提言を差し出すと、首相は「大いに参考にしたい。具体的な内容を早速検討するよう厚生労働省に促したい」とにこやかに応じ、速やかに長妻昭厚生労働相を呼んで検討を指示した。
 山口氏の政治資金規正法改正に向けた与野党協議機関設置の求めにも、首相は「民主党として早急に立ち上げたい」と応じた。
 首相の思わせぶりな態度に山口氏は大喜び。その後の記者会見では、他の政策課題についても「政府から呼びかけがあれば、積極的に対応したい」と述べ、鳩山政権への協力姿勢をアピールした。

いよいよ公明党が、その本性である政権寄生虫政党の正体を現してきた。
昨日拙ブログでやり玉にあげた、品格なき政治家 民主党石井一氏に唯一同調するところがあるとすれば、公明党に政界退場を促す部分だ。
多くの識者が既に述べているように、公明党というのは創価学会の政治部門であり、日本政治の基本理念である政教分離に著しく抵触している。
この政党には理念がなく、党利となれば、どの政党とでも手を結ぶだろう。
ではこの公明党の党利党略とは何か。
素性はサヨクであり、夫婦別姓、外国時参政権をはじめとする、日本を貶める法案をことごとく推し進めようとする、売国政党に等しい。

自民党は長きにわたり、学会の票欲しさに、この政党と手を結んだ。
公明党は政権政党の自民党に寄生し、政権交代となればあっさり手を切り、昨年まで対峙していた民主党と手を結ぶ。
見事な手のひら返しだ。
さっさと政界から消えていただきたい。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-25 00:09 | 政治