小沢一郎の発言に見える傲慢さ

中国の習近平国家副主席の来日で、民主党が無理やりねじ込んだ、習近平氏の天皇陛下との会見で、波紋がおきている。

僕は金がないので複数の新聞はとれないが、Webで各紙の社説は必ず読むことにしている。
12月15日の社説で、毎日はぬるーいことを当たり障りなく書き、まったくもって危機感などない模様。
朝日に至っては、敢えて「意図的に」このトピックをスルーしたようだ。
どうせ、都合の悪いことにはダンマリを決め込む、朝日的手法だろう。

事の経緯を見て強く印象を持つのは、鳩山総理のリーダーシップの欠如。
それと、なんと言っても小沢一郎の傲慢さだ。

小沢一郎曰く、
「陛下の体調がすぐれないなら、優位性の低い(他の)行事はお休みになればいい」
「内閣の一部局の一役人が内閣の方針についてどうこう言うなら、辞表を提出してから言うべきだ」
「天皇陛下ご自身に聞いてみたら『会いましょう』と必ずおっしゃると思う」

何たる傲慢さだろう。
あなたは、天皇の代理人か?
「天皇陛下ご自身に聞いてみたら『会いましょう』と必ずおっしゃると思う」という発言は、恣意的という以上に、「俺は天皇を意のままに動かせる」と言っているのと等しいのではないか。
不敬極まりない。

小沢一郎の主張は、「国事行為は『内閣の助言と承認』で行われる」から、役人にとやかく言われる筋合いはない、政治主導で決めるべきものだと言うことだ。
だが、今回のような天皇と外国要人の会見は、国事行為でなく、公的行為なのだそうである。
その点でも、論理的に破綻している。

国民に選ばれた政権与党なのだから、民主党が決めることが民意であり、民主党のやることは国民の支持を得ているという傲慢さと、政治主導のはき違えが見える。
国民統合の象徴である天皇の行為に、政治的の色を濃くあらわし、結果天皇の中立性を毀損するということをわからないのだろうか?
杞憂に終わればよいのだが、小沢一郎を見ていると、その存在が戦前・戦中の統帥部をダブらせてしまう。
統帥権という御旗をふりかざし、昭和天皇のご意思とは全く違う方向に暴走した統帥部。小沢一郎という存在にそんな危険な匂いがすると思うのは、私だけだろうか・・・。
[PR]
by yu_koku | 2009-12-16 10:44 | 政治