対等な日米関係の前に、対等な日中・日韓関係を

鳩山政権は、結局普天間基地移設問題の結論を先送りした。
来日中のアーミテージ元米国務副長官は、「日本政府が安全保障をどういう方向に導こうとしているのか理解できない」と語ったという。
「元」がつくとは言え、米国の公人のこの言葉はかなり重い。

これが、鳩山政権の「対等な日米関係」のひとつの表現方法なのだろう。
「言うべきことは言う」ということだ。
ただし、基地移設を白紙に戻すということになれば、「国と国との約束事を反故にする」ということになる。
これが国益に反するならば、鳩山政権は、国益よりも、連立政権を維持させるという党益を優先したことになる。
ふざけるな!という感じ。

一方、対アジアはどうだろう。
小沢幹事長は大議員団を引き連れて、中国~韓国を訪問した際、特に韓国で「現代史の中で不幸な時代があった。日本国、日本国民として謝罪しなければならない歴史的事実だ」と語った。
相変わらずの、自虐的弱腰外交だ。

とかく日本は、中国、韓国に弱い。
靖国問題なり南京大虐殺なり従軍慰安婦問題なり、ことあるごとに文句をつけ、謝罪を要求する二国。
その外圧に負けて、また自虐史観に苛まれて、国政をあずかるリーダーたちが行動を変えてしまうのだから、国民が国に誇りを持てるわけがない。
自国の国益より中国、韓国を優先してしまっていることは、いい加減日本人も気づいているはず。

米国との対等な関係を言う前に(もしくは言いつつ)、対等な日中・日韓関係を構築すべき。
こんな関係性を維持しつつ、東アジア共同体なんて、ほんとに実現可能だと思っているのかな? あのお坊ちゃん首相は。。。
それか、国益なんて考えずに、経済だけ発展すりゃいいじゃん!と思っているのかも。
[PR]
by yu_koku | 2009-12-16 21:42 | 政治