朝日新聞の本音 ~ 1月10日の社説より

今日1月10日の朝日新聞朝刊に、「さすが朝日!」と唸らせるような社説が掲載されている。
朝日の本音が垣間見える(というか丸出し!)ので、ぜひ一読を。


韓国併合100年―アジアのための日韓築け
http://www.asahi.com/paper/editorial20100110.html


以下、抜粋。
朝鮮と旧満州の支配をめぐる日露戦争に勝った日本は、この条約(韓国併合条約)によって朝鮮半島を植民地にした。植民地支配は以後35年間続く。それがもたらした朝鮮の人たちの苦痛と憎しみは、戦後の日韓関係の底流を形づくる

15年前、戦後50年の「村山首相談話」をはじめ、政府は過去への反省を語りはしたが、自民党や歴代政権内にそれを否定する人々もいて、不信の目を向けられ、率直な意思疎通が妨げられることもしばしばだった
鳩山首相は、日本が行った植民地支配とアジア侵略の歴史を直視し、それを踏まえ、いまや大変化をとげるアジアの中で、日本が平和と繁栄に貢献する構想を語ってほしい。

「東アジア共同体」の構想はまだ現実感が乏しい。だが、未来に向けて地域の連帯をどういう形で深めていけるか。中国や東南アジア諸国連合(ASEAN)、そして米国はどうかかわっていくのがいいか。日韓はとても話しやすい間柄ではないか
日韓の経済連携協定(EPA)の早期妥結をめざすべきだ。日本には歴史的な経緯から在日韓国・朝鮮人が多く住んでいる。住外国人に地方選挙権を与える改革にも取り組みたい。

鳩山政権は、戦時徴用されて日本企業で働きながら賃金をもらえなかった韓国人の資料を韓国政府に渡し、徴用被害者対策に協力する方針だ。一つ一つは目立たない方策でも、こうしたことを着実に積み重ねていけば、わだかまりを解くことにつながる。


自虐史観流布メディアとしての朝日の、まさに面目躍如といったところだ。
こういう理論が800万世帯に読まれるということを考えると、本当に鳥肌が立つ思いだ。

韓国という国が、政府、メディア、国民が一体となった反日体制を継続する限り、何を言っても無駄だ。
議論にならぬどころか、足元を見られて、再度の謝罪や補償などを要求してきますよ、彼らは。
「日本が平和と繁栄に貢献する構想を語ってほしい」というのは、朝日が言う場合、「更なる土下座外交を!」という言葉に聞こえる。

「反日新聞」朝日が、社説を使って世論を誘導しようとする試みは、過去にも何度もあるが、相変わらず懲りてないなぁ。
今年は韓国併合100年の年だから、この類のプロパガンダが朝日の紙面を踊ることは、何度もあると予想する。

そもそも朝日が言う「わだかまり」は、朝日をはじめとする反日・売国メディアと左翼、一部のエセ言論・知識人が流布したことで韓国に火をつけたということを、日本国民は知らねばならぬと思います。

いずれにしても、2010年の朝日新聞には要注意ですね。
[PR]
by yu_koku | 2010-01-10 23:45 | 政治