お引き取りください、輿石幹事長代行

張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走 激励メールも披露

この輿石さんという、品格の欠片もない政治家、なんとかならないものだろうか。
 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件を受け、幹事長の「表向きの仕事」を小沢氏に任された輿石東(あずま)幹事長職務代行(参院議員会長)。73歳にして党務NO2に上り詰めた「日教組のドン」は、小沢氏の擁護に向け、さっそく党内を走り回っている。
 輿石氏は19日午前、東京・赤坂の小沢事務所に駆けつけ、小沢氏に「党は一致して支える」と伝えた。その後、集まった記者団に、自身のホームページに寄せられた小沢氏激励のメールのコピーを配布してみせた。
 「小沢一郎は日本の宝です」と書かれ、「自民支持者がネット等で名前を変えたり、複数の端末を使い、さも多くの国民が非難しているようにしたりします」と自民党による世論操作を勘ぐる内容もあったが、輿石氏は同じものを18日の政府・民主党首脳会議でも配布した。

下線の部分、金正日を奉る北朝鮮幹部のような立ち振る舞いと言ったら、怒られるだろうか。

この輿石という人、今年の日教組の新年会で「教育の政治的中立はありえない」という発言をして、現行の教育基本法に真っ向から反するような志向を露呈している。

このような人に、教育を語らせてよいのか?
それ以上に、このような偏向性を内包した政治家が、政権与党のナンバー2になってしまっている危険性は、絶対に放置されてはならない。

これからの日本を担う子供たちを、日教組の偏向教育の犠牲者にしてはならない。
[PR]
by yu_koku | 2010-01-20 00:01 | 政治