小沢一郎のスパイが検察内部に存在したという情報

いつも拝見しているブログ「ぼやきっくり」に驚愕の情報が掲載された。

「アンカー」小沢氏起訴不可避!?内通者も交えた検察との神経戦

なんと小沢一郎氏は、検察内部に内通者を持っていたという情報。
関西テレビのANCHOR内で明かされたもので、情報を公表したのは、独立総合研究所の青山繁晴氏である。

要約すれば、小沢氏は検察内部に内通者(=情報源)を抱えていて、今回の一連の騒動をめぐる検察の動きは把握できる立場にあったこと、また、ある政府閣僚、総理の大物側近議員もこの事実を掴んでいること、加えて、検察の幹部が事実を確認し、検事総長へ報告されたということだ。

青山氏の視点はこうだ。
なぜ小沢さんはそもそも検察にそうやって内通者を養ってこなきゃいけなかったのか。
逆説的な言い方をすれば、小沢氏もし悪いことをしてないんであれば、なぜこういう内通者を長年かかって作らなきゃいけない理由が見当たらない、と。
そして、この小沢氏と検察との闘いは、起訴できなければ検察の死を意味し、逆のケースであれば政治家 小沢一郎の死を意味する、と括る。

驚いたのは、検察幹部が内通者の存在を認めたことで、青山氏の取材力には脱帽だ。
不埒な見方だが、なんだか山崎豊子さんあたりが書いたら凄いことになりそうなストーリーだ。
この検察と政治家小沢のせめぎ合いから目が離せない。
(実際は見えないけど・・・苦笑)
[PR]
by yu_koku | 2010-01-21 15:51 | 政治