やはり同じ穴の狢(ムジナ)だった平野官房長官

「地方の意見は関係ない」 官房長官が外国人参政権問題で
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100127/plc1001271901014-n1.htm
 平野博文官房長官は27日の記者会見で、政府が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を検討していることに対し、都道府県知事や地方議会から反対表明や反対決議採択が相次いでいることについて「自治体のみなさんの決議・意見は承知していないが、そのことと、この問題とは根本的に違う問題だ」と述べた。参政権付与法案提出は、地方自治体の意見に左右されないとの見解を示したものだ。
 民主党は昨年の衆院選の政権公約(マニフェスト)で「地方主権」の確立を掲げているが、平野氏は「(この問題)地方主権の考え方とはまったく違う」と指摘。その上で「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と主張した。

遂にその正体を現した、平野官房長官。
この人は、外国人参政権に関して慎重派と目されていたが、蓋を開けてみれば、売国奴集団の一員として、その責務を全うしようということか
又は、”その筋”から結構な圧力がかかっているのか?

「わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのか」という見地から物事を考えれば、まず真っ先に、日本国民の権利としてどうなのか、ということを考えるべきだ。
平野氏の言っている「わが国に住んでいる住民」が「永住外国人」ということならば、話の順序が逆なのである。
最初から永住外国人の立場に立って発言をしているということは、外国、こと特アの国益・権利・権益を最優先に考えるに相違ないことで、立派な反逆罪ではないか?

この方、基地移設問題でも参政権問題でも、「地域は関係ねー!」などと仰って、物議をかもしているが、この方を含む鳩山政権には、そろそろ取り繕いようのないほころびが顕著になってきた。
[PR]
by yu_koku | 2010-01-27 21:25 | 政治