民主党に必要な、日本国憲法勉強会

民主党はこの際、議員を全員集めて、日本国憲法勉強会でもおやりになったら如何だろうか。

外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100209/plc1002091928012-n1.htm
 全国都道府県議会議長会(会長・金子万寿夫鹿児島県議会議長)は9日、都内のホテルで永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案をめぐり、民主、自民両党など与野党6党との意見交換会を行った。

 民主党の今野東(あずま)参院議員は「(永住外国人は)税金を納めており、権利と義務のバランスがとれていない」などとして、法案成立の必要性を強調。公明、共産、社民3党も同調した。一方、自民党の山谷えり子参院議員は「憲法15条で公務員を選定し罷免する権利は『国民固有の権利』だと書かれている」と指摘。国民新党の亀井郁夫副代表も「帰化させるべきだ」と述べた。

 地方側からは「民主党の衆院選のマニフェスト(政権公約)になかった。暴挙だ」「実現させる前に憲法改正を国民に問うべきだ」などと反対意見が相次いだ。

永住外国人が税金を納めているにもかかわらず、参政権を持たないということが、権利と義務のバランスを欠くということを主張されるのであれば、山谷えり子氏の言う、憲法が謳う国民の権利を定義した条文との整合性を、はっきり国民に理解できるようにご説明いただきたいものだ。
納得の行く説明が苦手な民主党なので、期待もしていないが、政策に関する説明責任はあるはずだ。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-10 00:02 | 政治