新たなる言葉狩りの予感

北沢防衛相が陸自幹部の処分を検討 「信頼してくれでは同盟は維持できない」発言で
 北沢俊美防衛相は12日午前の記者会見で、陸上自衛隊第44普通科連隊の隊長が「『信頼してくれ』という言葉だけで(日米同盟は)維持できない」と発言したことを受け、この陸自幹部の処分を含めて対応を検討していることを明らかにした。陸自に対し詳細な事実関係を調査し、報告するよう指示している。
 北沢氏は「(自衛隊の)最高指揮官の言葉を引き合いに出していることから、何らかの処置をするつもりだ」と指摘。さらに「意図がなくても、国家意思にかかわることを指揮官として公式にいうことに対する規律の問題など、シビリアンコントロールの観点から、きちっと整理する必要がある」と強調した。
 鳩山由紀夫首相が昨年11月、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、オバマ米大統領に「トラスト・ミー(わたしを信じて)」と述べたことが国内外で批判を受けた。陸自幹部は「首相の発言を引用したり、批判したわけではない」とコメントしているが、北沢氏は首相の発言が念頭にあったと断定した。

シビリアンコントロールとは何か?
シビリアンコントロール ~文民統制~ とは、文民代表である政治家、軍隊を統制するという意味であり、今の自衛隊は(自衛隊を軍隊と定義するのであれば)、最もシビリアンコントロールが効いている組織だ。
この陸上自衛隊第44普通科連隊隊長は、シビリアンコントロールを侵してはいない。
それを「首相の発言が念頭にあった」と深読みし、処罰を加えるトップは、明らかな過剰反応ではないかと考える。

田母神論文問題において、揃いも揃って田母神を袋叩きにした当時の政府とマスコミの反応は、記憶に新しい。
田母神氏に関し、「こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに自衛隊組織のトップにいたとは。驚き、あきれ、そして心胆が寒くなる」という、今でもおぞまく、見るに堪えない社説を唱え、最大のバッシングを浴びせた朝日新聞を筆頭に、メディアはすべて右へ倣えの状態で、田母神氏を糾弾した。
自衛隊に関しても、ひたすら冷遇するのが、現下のマスコミである。

民主主義においては、言論の自由は担保されなければならないはずだ。
この事例は、シビリアンコントロールにあらず。
むしろ、同じ統制でも、言論統制の悪しき凡例になり、不当な言葉狩りを助長する。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-14 00:14 | 政治