民主党の組合依存が浮き彫りに

北教組の違法献金事件で揺れる民主 輿石氏「コメント必要なし」(産経Web
 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)が北海道教職員組合(北教組)から違法な選挙資金を受け取っていたとされる事件で、民主党に動揺が広がっている。北教組の上部団体の日教組は民主党の有力支持団体の一つであり、輿石東参院議員会長ら教職員組合に全面的な支援を受けてきた議員も多い。鳩山由紀夫首相や小沢一郎民主党幹事長の秘書らを巻き込んだ「政治とカネ」の事件に続き、新たな不祥事が明るみに出たことで、民主党は世論から厳しい批判を浴びることになりそうだ。
 小林氏は16日、国会内で記者団に「まったく知らなかった。報道が事実かどうか確認してから説明する」と述べるにとどめた。

小林千代美「教育の政治的中立はありえない」と持論を語り、山梨県教職員組合から絶大なる支援を得ている輿石氏には、コメントを拒否せず、是非自らの心境等を語ってもらいたいところだ。
当のご本人である小林千代美氏のWebサイトを見てみると、政策理念の中に「ちよみの決意」という段落があり、その中の「政治とカネ」部分に、「領収書は1円から。経費を公開して政治資金を透明化します。と、高らかな宣言がある。
その対極にある実情を知り、驚く有権者も多いことと思う。

もともと組合依存は旧社会党から引きずり続ける体質だ。
民主党は基本的に、旧社会党党員等を含めた寄せ集め政党であるから、こういう事例は、掘り下げればもっと出てくる可能性は高い。
企業献金は受けないと、自らの身の清らかさをアピールする宣伝をしつつも、実はその代わりを組合に求め、かつ組合に大きく依存するという欺瞞が露呈した。
外国時参政権をにおける民団と同類とすれば、非常に理解しやすい。
(もう背後とはいえず、全面に近くなってきた状況だが・・・。)
[PR]
by yu_koku | 2010-02-17 00:07 | 政治