カテゴリ:政治( 43 )

冷静な与謝野氏が、なぜここまで語気荒く吠えたのか?

秘書になぜこんなことをしたのかと聞くのが普通だ。秘書はあなたを守るためにやったのだ。訳の分からないカネをドンドン持ってきて政治収支報告書に記載のしようがないから、献金者を適当にした。実はあなたの犯罪だ。私は最近やくざ映画を見るが、親分を守るために子分が出頭する。政治資金規正法では虚偽報告が一番重い。秘書に重い罪をかぶせている

言葉は一度口から出ると魂を得て世の中をさまようから言霊という。だから政治家は言っちゃあいけない。政治家失格だ。これからの発言もいつでも取り消せる。感情の高ぶりといういい加減なことを言ってはダメだ。一度言ったらダメだ。あなたは政治的な信念に断固たる信念持って発言しているのか

 あなたに首相の資格はない。脱税、政治資金規正法違反。民間の人なら、十何億円も贈与を受けて知らなくてもすぐ告発されて逮捕、起訴だ。少なくとも1年以上、2年、3年は刑務所に行く。首相だけ特別扱いしていい訳ない。あなたは『鳩山原則』を作った。私が勝手にそう呼んでいる。秘書の責任は議員の責任だ。これは鳩山原則だ。なぜあなたには適用されないのか。

 政治資金の場合は会計責任者がいるが、税金の場合はそうではない。税金は建前は自己申告制になっている。自分の収入を自分で管理し、自主的に善意を持って申告すると。知らなかったということであなたの責任は軽減しない。十何億円に対して6億円(贈与税として払う)と。さかのぼって払うということは脱税だ。知っているかどうかは関係ない。
 重加算税も来る。平成に入ってから、こんなに多額の税金を脱税性した人はいない。まさに平成の脱税王だ。そんな人が首相の座に座っていることがおかしい。

申し訳ないがわれわれは選挙に負けた。世論調査は自民党が嫌だから民主党に入れたと。鳩山首相に期待というのは2%だ。あなたが代わっても他の人が担いでいく。隣に菅氏もいる。税を逃れると書いて脱税だ。そんなものを知らなかった。あなたが知っていたということは証明できないが、知らなかったというだけで首相失格だ。知っていて税金を納めなかったのも失格だ。こんな人に日本は任せられない。

与謝野氏の語る上記の言葉ひとつひとつは、まさしく理にかなった正論だ。
正直、今まで「ツッコミが甘い」、「野党慣れしていない」と揶揄されてきた自民党にあって、与謝野氏の歯に衣着せぬ首相糾弾は、鳩山首相の説明に納得できないものを感じていた国民、また、自民党の不甲斐なさを嘆いていた支持者や、民主党に不信感を抱く有権者に、もやもやを払拭してもらったような気を起させる。

与謝野氏な何故これほどまでに吠えたのか。
勿論、鳩山氏の不正そのものへの糾弾があるだろう。
また、見逃してはいけないであろう点がふたつあるように思う。
ひとつは、与謝野氏はテレビや報道を意識していたということ。 予想だが、この鳩山氏への激しい”口撃”は、国民・有権者に聞かせるために打った、良い意味での与謝野氏のベテランらしいパフォーマンスであることだ。
国民に声を届けるという目的において、これほど有効な手段はないだろう。
もうひとつは、同士 自民党議員への喝だろう。
「お前ら、このままでいいのか?」という、自民党議員への叱咤ともとれる。

問答を追う限り、鳩山氏の発言は、まったく答えになっておらず、柔道の判定なら、旗3本で与謝野氏の勝ちというところだ。
同じような問答が小沢氏に対しても展開されれば、国民の目も、もっと覚めるだろう。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-13 00:01 | 政治
与謝野氏、激しく首相追及「平成の脱税王だ」 「子分にカネ配った」証言も 首相激高「全くの作り話だ」 衆院予算委(産経Web)
 「あなたは首相をやっている資格はない。平成の脱税王だ!。12日の衆院予算委員会で自民党の与謝野馨前財務相が質問に立ち、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件について激しい言葉で追及し、退陣を迫った。

 与謝野氏は「元秘書はあなたを守るために献金を偽装した。あなたが訳の分からないカネをドンドン持ってきて記載のしようがないからだ。子分が罪をかぶって、やくざの親分を守ったようなものだ」と指摘した。首相は「脱税というが、全く知らなかったことだ」と反論したが、与謝野氏はさらなる“爆弾発言”を続行。首相の実弟である自民党の鳩山邦夫元総務相が「兄貴がしょっちゅう母のところに行き、子分に配るカネをもらっていた」とのエピソードを紹介した。

 すると首相は「まったくの作り話だ!」と激高。「母にたずねていただいても結構だ。子分を持つ発想自体がない。なぜそんな話が出てくるのは残念でならない」と語り、邦夫氏の「証言」を全否定した。

 与謝野氏は首相が民主党議員や秘書を介してカネを配っていたとも主張。知性派らしからぬ激しさに「冷静な与謝野氏の言葉とは思えない」(菅直人副総理・財務相)との声も漏れた。

時を同じくして、首相の弟である鳩山邦夫氏のコメントは、下記の通り。
「1年半か2年ほど前、母から『お兄さんは子分を養うためにお金が要るといっている』という電話を受けた」と述べた。
 そのうえで、邦夫氏は母から「あなたは子分がいないから要らないか」と尋ねられたといい、後に与謝野氏にそのやりとりを語ったという。(略)
鳩山邦夫元総務相が証言 「子分を養うためにお金が要る」 首相の資金提供問題で(産経Web)

鳩山兄弟は、政界の花田兄弟なのか?

邦夫氏のコメントは、現在のところ状況証拠以上のものにはならないだろうが、鳩山家のドメスティック子供手当てについて「断じて知らなかった」という発言の信憑性が揺らぐものになるだろう。
しかし、実に裕福で平和な家庭だ、

最後に、与謝野氏の名付けた「平成の脱税王」。
実にセンスあるアダナだ。
経済政策のみならず、命名に才能をお持ちだとは存じ上げなかった。
今年の流行語大賞にノミネートされるかもしれない。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-12 13:47 | 政治
たまには有益な情報をということで、およそ日本国民ではないと思われる売国政治家について、思いつきで紹介していく。

近藤昭一(民主党)
Webサイト: http://www.kon-chan.org/

この議員は、日本国籍とは名ばかりで、恐らく本当の国籍は北朝鮮ではないかと思われる。
一貫した反日・親朝派議員。
「(朝鮮)半島分断の責任は日本にある」と、全くワケのわからない持論を展開。
防衛省昇格法案に反対し、国防を弱めようと画策し、教育基本法改悪案に反対の署名をし、日教組の片棒を担ぐ。
2002年、朝鮮総連傘下のパチンコ関連企業5社から合計320万円の献金を受け、立派な政治資金規正法違反を犯す。
極めつけは、1998年9月、北朝鮮の金正日が国防委員長に就任した際に、こともあろうに金正日に祝辞を送り、こう述べた。
「国防委員会委員長という、国家を代表する地位に立たれたことを、心から祝福する。日本では少し前、共和国の「弾道ミサイル問題」に対し、過敏に反応した。この対応を大変遺憾に思う。日本はもっと冷静に対応すべきだった。日本の共和国への理解が足りないということで誤解が深まり、関係が悪化することを何よりも避けたい。日本は対話の窓口を閉ざすべきではない。今後は、金正日総書記がさらに指導力を発揮し、日朝関係が発展することを望む。」

つまり、日本政府が北朝鮮のテポドン発射実験に対して抗議したことを受け、それを北朝鮮に謝罪しているのである。

この徹底的な親朝スタンスが保守派の格好の標的となり、「反日議員を落選させる市民の会」等によって糾弾されている。
ちなみにYoutubeに山ほど出てくるので、ご興味あれば下記URLから。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E8%BF%91%E8%97%A4%E6%98%AD%E4%B8%80&search_type=&aq=f

国会という神聖な場所を利用して、日本ではなく朝鮮のためにせっせと働く、立派な極左・売国議員であるので、この際、特に愛知ご在住のかたは、覚えておかれるとよいと思う。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-10 22:51 | 政治
民主党はこの際、議員を全員集めて、日本国憲法勉強会でもおやりになったら如何だろうか。

外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100209/plc1002091928012-n1.htm
 全国都道府県議会議長会(会長・金子万寿夫鹿児島県議会議長)は9日、都内のホテルで永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案をめぐり、民主、自民両党など与野党6党との意見交換会を行った。

 民主党の今野東(あずま)参院議員は「(永住外国人は)税金を納めており、権利と義務のバランスがとれていない」などとして、法案成立の必要性を強調。公明、共産、社民3党も同調した。一方、自民党の山谷えり子参院議員は「憲法15条で公務員を選定し罷免する権利は『国民固有の権利』だと書かれている」と指摘。国民新党の亀井郁夫副代表も「帰化させるべきだ」と述べた。

 地方側からは「民主党の衆院選のマニフェスト(政権公約)になかった。暴挙だ」「実現させる前に憲法改正を国民に問うべきだ」などと反対意見が相次いだ。

永住外国人が税金を納めているにもかかわらず、参政権を持たないということが、権利と義務のバランスを欠くということを主張されるのであれば、山谷えり子氏の言う、憲法が謳う国民の権利を定義した条文との整合性を、はっきり国民に理解できるようにご説明いただきたいものだ。
納得の行く説明が苦手な民主党なので、期待もしていないが、政策に関する説明責任はあるはずだ。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-10 00:02 | 政治
「恥を知れ」というのは、もともと武士道の言葉だが、この議員は恥という日本語をご存じないらしい
新渡戸稲造の「武士道」を、自費でアマゾンで購入し、石川議員の事務所にお届けしようかと思ってしまったくらいだ。
書籍をお贈りすることは、政治資金規正法には抵触しないだろうし。。。


産経Webより

いくら議員になる以前の事件だったとは言え、石川氏は一旦辞職し、次の選挙で信を問うというのが、真っ当な責任の取り方だろう。
起訴という事実を甘く見てはいけない。
石川氏が離党もせず、議員辞職もしないと開き直るのであれば、国会議員は何をしても、所属する党が過半数を取っていれば責任を問われないという、既成事実が完成する。
鳩山氏をはじめ、民主党議員というのは、野党時代に自民党議員を追求した言動というものを、キレイさっぱり忘れることができる、稀有な才能をお持ちのようだ。

これがまかり通れば、次の世代を担う子供たちにとって、政治家という職業が全く尊敬を集めることのできないものになるだろう。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-09 21:28 | 政治
亀井大臣が、選択的夫婦別姓制度導入、永住外国人への地方選挙権付与法案に対し、反対の立場を明確に主張した。
政府閣僚のなかで、唯一の抵抗勢力として、自身の主張を行う亀井さんに塩を送るべく、筆者が参加した、1月25日の「永住外国人地方参政権に反対する国民集会」において、最も説得力のあった平山赳夫氏、金美齢氏の提言、そして、最も熱かった土屋敬之氏の提言を贈る。








参考までに、この集会において、満場一致で採択された決議書をUPしておく。

永住外国人地方参政権に反対する国民集会 決議書
(案⇒集会にて採択)
a0151982_2349619.jpg
[PR]
by yu_koku | 2010-02-08 00:01 | 政治
産経Webより。
【石原知事会見詳報(1)】鳩山首相と小沢幹事長に「非常識、不愉快、不透明、不可解」
 東京都の石原慎太郎知事は5日に開かれた定例記者会見で、「新政権の中枢の中枢にいる2人の金銭問題はわれわれの常識になじまない。非常に不愉快、不透明、不可解」と述べ、鳩山政権の政治と金をめぐる問題を批判した。(略)

 --沖縄県の名護市長選で基地受け入れ反対派が勝利したが、民意と国防という困難な問題について見解を

 「国防は国家の命運を非常に左右するんでね、非常に重大な問題ですからね。一地方の意思で左右されることはもともとあってはならないと思うけど。選挙の結果が大事って言ったのはもともといまの政府じゃないの? 総理大臣が暗に盛んにそういうことを言ったじゃないか。結局、ああいう形になってね、大きな拘束力を持つようになると。官房長官(の発言)はともかくとして」

 「結びつけるわけじゃないけれども、いま永住外国人に地方参政権を与えるというのは、こういうところが危惧(きぐ)されるということがあるわけですよ。あそこにある1つの価値観を持った外国人が集団移住してきて投票されたらどういうことになりますか?

 「これは何も基地の問題だけじゃなしに、例えば昔にも、六ケ所村の再処理の問題なんかも賛否両論あった。限られた人口の町の重大な問題が一国を左右しかねないときに、そこに一部の組織が集団移住してね、そういう組織が問題を左右する投票の結果もたらしたら、これはとんでもないことになる。だからサッサと帰化してくれたらいいんですよ。日本に愛着あるならね」

まさしく言い得て妙。
「サッサと帰化してくれればいい」という意見に対しては必ずしも賛成できないが、基地問題、外国人参政権に対し、非常に端的かつ核心をついた意見だ。
今の為政者の体たらくさを見るにつけ、国政はこういう人にやっていただきたいと思うのは、僕だけではないはずだ。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-06 00:01 | 政治
小沢一郎氏の不起訴が決まった。
政権は民主党にあり、まだまだ危うい状況は続くものの、日本政界の浄化がはかれると思っていた案件だけに、残念だ。

これに相応し、韓国では、
 韓国では小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件で、日本政府が今国会提出を検討している永住外国人への地方選挙権付与法案に影響が出ることに懸念が広がっていただけに、小沢氏が4日に不起訴となり「ひとまず安堵(あんど)した」(与党ハンナラ党関係者)との声が出ている。(略)

との声。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100204/stt1002042109015-n1.htm

これを見ていると、小沢一郎という政治家が、韓国の走狗であることがよくわかる。
小沢一郎という政治家には、政策面で理念はなく、専ら選挙で多数をとることしかない。
それを実現するためには、民団だの日教組だの、中国だの韓国だのの走狗になり下がり、日本を売却することなど、意に介さない。
こういう輩には、政界からご退場願いたい。

懸念される今後の情勢については、有難いことに、ぼやきくっくりさんが、2/03放送のアンカー(関西テレビ)で青山繁晴氏が語った、興味深い内容を記事にしてくださっている。

ぼやきくっくり: 「アンカー」小沢氏不起訴の真相 検察の戦いは第3章へ

つまり、検察も苦しい中で、まだ闘いを続けるということ。
そのテーマは、やはり、政治とカネだということだ。

エントリーから少しだけ引用させていただければ、
普天間の海兵隊基地をこの辺野古に移しますっていう合意が、この2005年の10月に日米でできたんですよ。で、そのわずか1ヶ月あとっていうか、翌月にですね、ここから10キロぐらい南西に下がったところの宜野座村っていう所の、これ写真で見て分かるように海が見える、ま、原野なんですね。で、ここに突然まぁ小沢さんが現れて、これ土地を買ったと。
ということ。
この男、恐ろしい。
政治家より、悪徳不動産屋のほうが向いている。 転職されては如何か?
大久保氏、石川氏など、いい営業マンになるだろうに。

検察は、この宜野座村の土地購入に関する原資をつつき始めるらしい。
検察のメンツにかけて、不正をただすことに、全力をあげていただきたい。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-04 23:25 | 政治
鳩山首相、人権侵害救済法案の早期提出表明 言論統制の危険性も
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100203/plc1002032019014-n1.htm

 鳩山由紀夫首相は3日の参院本会議での代表質問に対する答弁で、民主党内で検討されている人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)について「できる限り早期に国会に提出できるよう努力を約束する」と表明した。また、「差別問題をはじめ数々の深刻な人権問題が後を絶たない。人権救済機関の創設は非常に重要だ」と必要性を強調した。民主党の松岡徹氏の質問に答えた。

 首相が同法案の提出に強い意欲を示したことで、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案や夫婦別姓法案と合わせ、与野党の保守系議員らが「日本を日本でなくする国家解体法案」と指摘してきた3つの法案が今国会でそろい踏みする可能性が出てきた。(略)

民主党は、過去に廃案になった法案を掘り起こして、「今は議席数が多いから、とっととやっちまえ!」というスタンスの政治手法がお得意なようだ。
この”日本を日本でなくする国家解体法案”「人権侵害救済法案(旧人権擁護法案)」は、永住外国人参政権と同様に、過去に保守派議員の反対によって廃案になったものだ。

産経新聞に好感が持てるのは、「民主党の支持団体である部落解放同盟の要望をほぼそのまま取り入れたもの」と、はっきりものをいうところだ。
ある意味、朝日・毎日などとは正反対に、マスメディアとしての責務を全うしようとする姿勢がうかがえる。

この法案、実は2005年に、法案提出寸前まで行った。
法案提出に歯止めをかけた急先鋒は、衆議院議員の城内実氏、自民党の古川禎久氏だ。
あやうく難を回避したが、その時期も、マスコミが恣意的な報道規制をかけた疑いがあり、国民は事実上、マスコミによって議論の枠外に置かれた。
しかし、国思う人は多く、インターネットから反対世論が起こり、日比谷公園で反対集会なども開催された。

おそらく、民主党は、永住外国人参政権と同じ手法で、ろくな議論もせずにこの法案を通そうとするだろう。
人権擁護法を人権侵害救済法と改名し、あたかも悪辣な侵害と言える状況があるかのように見せ、国民を騙そうとする小手先手法も疎ましい。
民主党は、本気で日本を解体したいようだ。
であれば、国民がNOを突き付けるしかないだろう。

[PR]
by yu_koku | 2010-02-03 23:57 | 政治
岡田外相が、今月の10、11日の2日間、韓国を訪問すると発表した。
表向きは、李明博大統領の来日や北朝鮮問題などを協議するとされているが、岡田氏の言動には注視が必要だ。
何せこの方、「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」の会長職にある、バリバリの永住外国人参政権推進派だ。

基本的には親中・親韓派であり、台湾独立に反対を明言してヒンシュクを買い、
靖国参拝に反対し、韓国・日本・中国共通の教科書を作るのが最も理想的と語る、反日政治家の筆頭である。

小沢氏のように、参政権付与の言質などを軽々しく与えてこなければよいが、どうなることか。
出発前に、民団等から大きな圧力がかかるだろう。
特亜の操り人形にならないことを望む。
[PR]
by yu_koku | 2010-02-02 23:50 | 政治